≪ぶっちゃけ査定≫――車内での淫らな行為は査定額を下げる?



・今後の“車の査定”のために、購入当初からそれこそ潔癖のように車を丁寧に扱う
・普段は適当に車に乗って、車を手放す際の“車の査定”のときだけ綺麗にする


車持ちには、以上のようにふたつのスタイルがありますが、前者と後者とでは、〔車の査定額〕が全然違います。


そして、インターネットで『車の査定額の相場』を検索したとき、車の査定相場額が――

「△△社の□□年代なら○○○万円~○○○万円」

――というように記載されていますけれど、そこに記載されている相場額は、おおかた上記のふたつのスタイルのうちの前者。


ようするに、WEB上に記載されている『車の査定の相場額』というのは、どこもほとんどが“丁寧に扱ってきた綺麗な車”の額なんです。

「相場額は300万円か……よしッ!」とウキウキランランで“車の査定”に挑んだら、「う~ん、これじゃあ50万がいいとこですよ」と言われるのがオチ。

――騙された!!

そう嘆く方も少なくありません。


車を所持している方の8割~9割は、上記のふたつのパターンの後者であって、車内でタバコを吸ったり、匂いのきついファーストフードをモグモグ食べたりなどするのが普通。

車購入時から“車の査定”のことを考慮し、車のなかでスリッパを履いたり、あらかじめシートをかぶせておいたりなど、そういった処置をしておく人はごくわずかです。


そこで、誰しも一度は聞きたかった“車の査定の相場額”に関する『ぶっちゃけた疑問とその回答』をご紹介・ご解説します。



車査定のぶっちゃけた疑問と回答



疑問 車内でエ○チなことしたら査定額は下がりますか?





最近ではホテル代を浮かすためや、浮気防止のために、車内で“淫らな行為”にいそしむカップルも少なくありません。


 NHKの男性アナと、契約女子アナが“公共の場”でカーセ○クスに励んでいた!! 1日発売の写真週刊誌「フライデー」が、NHK地方局で平日夕方に放送されている生報道番組の司会を担当していた2人のアナウンサーが、なんとも破廉恥な“車内不倫”を繰り広げていたと報じている。2人とは、30代後半の男性Aアナと20代半ばの契約女性キャスターBアナ。芸能界や政界に広がっていた“ゲス不倫”の大波が、NHKをものみ込んだ――。



「フライデー」によると6月下旬、2人は番組終了後の夜8時ごろ、局から車で10分ほどの距離にある片道1車線のほとんど車も人も通らない細道に車を止め座席を倒すと、カーセッ○スを始めた。助手席のBアナは女性キャスターの“皮”を脱ぎ捨てると、自らスカートをずり下ろしてAアナにまたがり、上下に乱れたという。


via: NHK共演の男女アナ「車内不倫現場」撮られた!秘密のデート場所は“公共の場” (東スポWeb) - Yahoo!ニュース


こちらは最近話題になったNHKキャスターの浮気スキャンダルです。

それなりに高給な職場で働きながらも、「ホテルを使わず車内でコトを済ませる」という方が多いはず。

それはやはり、車内ではホテルと違って、野性的な気分で快楽にふけれるという魅力があるからではないでしょうか。

まぁなんにせよ、もし“車内で淫らなこと”をした場合、〔車の査定額が下がるのか?〕――そこが気になるところ。



ぶっちゃけ回答



一概に下がるとは言えません。

汚れなどが残らないように配慮しておけば、特に問題ありませが、ただし“フェティシズムを満たすようなカーセ○クス”をしたら、車の査定額は下がります。
【査定額が下がる可能性が高いプレイ】

・ローションを使ったプレイ
――ローションはシートに付着したとき固まりとして残りやすいので注意。

・排尿/排便/お尻プレイ
――車内に刺激臭が残ってしまう可能性があります。

・過激なプレイ
――女性のあそこから出る車内がビショビショになりシートが傷む可能性があるうえ、シートがへこんでしまう可能性もあります。

・外出し生本番プレイ
――男性から放出される液体がシートなどに付着した場合、シートがこわばったり、匂いが残ったりなどする可能性があります。

・SM/オモチャを使ったプレイ
――道具を利用するプレイの場合、細心の注意を払わなければ、道具が車内を傷付けたり、またシートを破ったりなどする可能性がありますので注意。

シートが汚れたり、また匂いが残った場合、少なくとも“3万~5万円”程度、そこらじゅうに傷やシミができている酷いありさまの場合は“数十万以上”査定額が下がることも……。

しかしながら、モノは考えようです。

ホテル(休憩)を利用すれば〔1回4,000~6,000円〕が相場。

それを利用せず10回程度、車内でコトを済ませるのであれば、いくら査定額が数万円引かれても、ちょうどトントンということになります。

車内で頻繁にプレイするのであれば、査定額が多少マイナスになっても、総合的にプラスになることも十分あり得るでしょう。



疑問 対策/清掃したら査定額は戻る?



車のなかが汚れてしまったとき、“車内クリーニング”を利用すれば査定額が高くなる可能性があります。

しかし――


【車内まるごと清掃】
料金:38,000~55,000円

【シートクリーニング】
料金:1席につき5,000~7,000円

――と高額なので、いくら査定額が高くなっても、清掃代を引いたらトントンになってしまうことでしょう。


では、対策として、あらかじめシートにカバーをしたり、車内に汚れ防止のフロアマットを敷いたりなどしておけば……と考える人も多いはず。

【シートカバー(一席分)】
価格:1,000~5,000円
備考:カバーをしていても場合によっては、液体が染みわたりシート本体が汚れることがあります。

【フロアマット】
価格:(一枚につき)1,000~10,000円
備考:マットを敷いても、汚れを完全に回避できるとは限りません。


対策としては十分ですが、汚れ防止のため、高い商品を利用すれば、シートカバー4席分で20,000円、フロアマットで10,000円――合計30,000円となり、結局は“予想マイナス査定額”程度の費用が必要になります。

さらにまた、上記の商品は時折、買い替えが必要になるので、“予想マイナス査定額”以上の費用が掛かることも……。


まとめ



総合的に考えて、汚れを作るような激しいカーセ○クスをしない限り、車内で行う淫らな行為による“査定額のマイナス”はあまり気にしなくてもよろしい。

匂いでマイナスにならないように、〔車の査定〕を行う予定がある場合は、数週間、車内での淫らな行為を慎むべきです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。