自動車税について

自動車の査定にはトラブルが付きものですが、その中でも保険や税金に関するトラブルは多くなっているので、これから車の査定を受けて車を売っていこうと考えている場合は、税金や保険のトラブル例についても知っておく必要があります。

いろいろある税金や保険トラブルで多いのが自動車税に関するトラブルで、自動車税は車に乗っている人ならよく知っていると思いますが、毎年5月頃に請求のくる税金で、軽自動車の場合は1万円も税金はかかりませんが、普通自動車になると数万円程度かかるのが一般的となっています。

この自動車税でトラブルが多い理由は、この税金の支払い時期に車を売ろうとする場合で、車の査定を受けた場合に、こちら側が税金を支払うことを前提として査定金額を提示してくることもあれば、業者側が税金を支払うことを前提として査定金額を提示してくる場合もありますが、査定を受ける段階でどちらが税金を支払うか決めておかないと税金を支払うタイミングでトラブルになってしまいます。

一括査定サイトを利用する場合は特に注意が必要で、自動車が含まれた査定金額とそうでない査定金額が混在する可能性があるので、利用する前に条件を指定して査定を受けるようにしましょう。
また、車検時期が近い場合は自動車保険に関しても査定時に取り決めて置く必要がありますが、自動車保険は途中で手放すとお金が返ってくるため、査定を受ける段階で保険が誰の手元に入るか確認しておくことが大事です。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。