進化を続ける中古車査定

車を売るというと、新車を購入するので新車の購入先である車屋に下取りとして車の査定をしてもらって売るという方法か、中古車販売店に車の査定をしてもらって車を売るというのが一般的な方法でしたが、最近では中古車市場の盛り上がりに乗じて中古車を専門に査定して買い取りをする業者も増えていて、以前に比べると車を売る側は様々な売り方から自分で自由に選んで車が売れるようになっています。

昔は中古車査定と言っても、年式と車の表面上を軽く見ておおよその査定金額を算出して車を買い取る業者が大半でしたが、これだと車の幹となる部分が破損していても気付かないため、中古車の買い取り後に壊れたというトラブルが頻繁に起こっていました。

しかし、近年では中古車査定士と呼ばれる車の査定を専門に行う査定士が誕生したことによって、昔より詳細な査定をしてもらえるようになったことから、買い取った車が破損してしまうようなトラブルは減少しました。
また、中古車市場が伸びている背景にはインターネットの普及が大きく関わっていると言われており、インターネットを利用することで乗っている車を全国の車買い取り業者に査定してもらうことが可能になったので、昔に比べて中古車査定の選択肢もかなり増えることになりました。

ただし、中古車市場が活性化するに伴って、中古車の査定が複雑化しているとも言われており、業者優位の中古車市場だけあって基本的な知識が無いとトラブルに巻き込まれることもあります。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。